繁盛している飲食店を分析してみよう

立地に対してコンセプトを考える

飲食事業は、比較的参入しやすいということで、新しい店舗は増えてはいますが、3年で7割、10年で1割と廃業率も高いといわれています。
競争がとても激しい業界で、一時はヒット業態であってもすぐに真似され埋もれてしまうのです。
スタッフの接客についても売上にかなり重要な部分をしめています。
働き方改革関連法の施行で、残業時間の上限規制や勤務時間インターバル制度の普及、有給休暇など飲食店でも勤務時間の管理や人員確保など働きやすい環境づくりも求められています。
消費税増税による需要の落ち込み、材料費の値上げに伴い、仕入やメニューの見直しも検討しなくてはなりません。
軽減税率が導入されれば、店外での飲食のニーズが高まる可能性がありますので、テイクアウト・デリバリーの強化をするのもいいかもしれません。
訪日旅行者が急増しているため、外国語の堪能なスタッフや多言語をウェブで展開。
キャッシュレス決済の多い中国や韓国の旅行者への対応として、これからは、クレジットカードだけでなく電子マネー、仮想通貨など、幅広い決済手段が必要です。
時代に合わせて、常に最新の情報を得て対応することも大切です。
日本の総人口は減っていってますし、消費者にも節約志向が高まっています。
最近では、ノンアルコール飲料の需要も増え、若者の酒離れといわれ、居酒屋業態も低迷しています。
そのような厳しい状況下でも繁盛している店は存在しています。
どのような集客をして、店舗経営をしているのでしょうか?
繁盛店から真似できるところがあれば、取り入れていきましょう。

人気店の店舗経営を学ぼう

いくら好立地で人通りに恵まれていても繁盛するわけではありません。 人口や店舗数が多い都心ならば、ターゲットを絞り込むことをおすすめします。 郊外ならば、客層を広げて考えていきましょう。 オフィス街・学生街で客層も変わってきますよね。 立地に対してコンセプトを合致させることが必要です。

店内の掃除によっては、食中毒の原因にもなりかねません

クレンリネスは、サービスの中での原点で非常に重要となります。 お客様を迎える準備でもあり、最初のサービスとなります。 スタッフの身だしなみや食器・店舗の外観なども範疇であり、一つでもかけてしまうとせっかくのお料理も台無しになってしまいます。 継続的して維持できるように、マニュアル化しましょう。

利益を出すために

店舗経営において、原価管理、労務管理は日々気を配って利益を出さなくてはなりません。 飲食業界が厳しい状況であるとかネガティブに否定するのではなく、改善点を冷静に受け入れることが大切です。 セオリーにとらわれずにいろいろな分野から考えていきましょう。